■ピアノの音について by 「ピアノ楽譜売り場!」
ピアノ楽譜売り場!

ピアノの音について

ピアノは定期的な調律が実施されていることが、前提になっています。
なぜなら、ピアノの調律がされていないと、音が狂ってしまうからです。
さらに、ピアノの音が狂っているだけでなく、ピアノの音自体が下がっていることが結構あります。

例えば、調律期間が5年以上空いているピアノは、確実に音が下がっています。もし、10年以上空いていると、そのピアノの音は、隣の音、つまり、半音下がっている可能性が大変多くなってきます。
ということは、そのピアノでちゃんと弾いているつもりが、その曲は半音下がった音程で弾いていることになります。

なぜそんなことになるのか、それは、ピアノの弦が伸びてしまったからです。ピアノの弦は強い力で引っ張られているので、長い年月が経過するとだんだんと伸びてきます。ですから、ピアノの調律で弦を巻き上げ正しい音程に持ってきているわけです。
前回のピアノの調律はいつ実施されましたか?「何年前だったか?」とあやふやになっている方のピアノの場合、5年以上調律が空いていることが当たり前にあります。正しいピアノの音で弾くためのは、定期的なピアノの調律はとても大切です。

・・・ピアノ楽譜売り場!Top